印刷

気象警報発令時の対応について

 

台風などによる警報発令時の対応について

飛鳥ハンドブックより抜粋)


(1) 当日午前6時30分の時点で、北区及び北区隣接区(足立区・荒川区・板橋区・豊島区・文京区)
   に「大雨警報」「暴風警報」「洪水警報」「大雪警報」
のいずれも出ていなければ、平常授業と
   する。(注意報では特別な対応はとらない)


(2) 午前6時30分の時点で、(1)に示した警報の内、いずれかが出ていた場合、順次以下のように
  する。

   ア.午前8時までに警報が解除されれば、3時間目からの授業とする。
   イ.午前8時の時点で、いずれかの警報が出ていた場合には午前中の授業は行わない。
     (3年次生で午後の授業のないものは自宅学習とする)
   ウ.午前11時の時点で警報が全て解除された場合には、5時間目からの授業とする。
   エ.午前11時の時点でいずれかの警報が出ていた場合は、自宅学習日とする。


(3) 上記いずれかの場合も、学校からの連絡は行わない。


(4) 授業開始後に警報が発令された場合は、天候の様子を見て平常よりも早い時間の下校等の適切な
   対応を指示する。


(5) 気象情報の入手先は、インターネット、NHK、民間放送のテレビ・ラジオとする。


 ※  荒天に限らず、交通機関の混乱など、非常時の登校は無理をせず、安全を第一に考えて判断
   する。その場合、遅刻・欠席については配慮される。
 
〒114-8561 東京都北区王子6-8-8
電話 : 03-3913-5071 ファクシミリ : 03-3911-9049